生姜の効果は絶大!?便秘・冷え性のすべての予防に!

 

生姜姫
生姜姫
ごきげんよう。生姜姫よ!!

 

生姜パウダー生姜シロップなど、今は生姜を使った商品がたくさん売られているわよね。

これってやっぱり、生姜のパワーを実感している人が多いっていう証拠じゃないかしら。

美味しいだけじゃなくて体にも良い「生姜」について、もっと知ってみたくない?

では実際に、生姜にはどんな効果が期待できるのか、まとめてお伝えしちゃうわね!

 

1.胃腸を刺激して便秘改善

 

生姜には、便秘の改善が期待できるのよ。

生姜成分ジンゲロールが、胃腸内で消化酵素の分泌を盛んにするの。

消化酵素がたくさん分泌されると、消化から排泄までスムーズにいくのよ。

みなさん意外と意識していないようだけど、消化がうまくいかないと排泄もうまくいかないのよね。

これは、インドの伝統医学アーユルヴェーダでも言われていることなのよ。

「便秘は消化力の乱れによっておこる」と考えられているの。

 

さらに、生姜成分ショウガオールの働きで、胃腸の血行が良くなってお腹の中が温まっていくわ。

便秘になりがちな人は腸が冷えていることが多いと言われているのよ。

腸が冷えると、その働きも鈍くなってしまうわよね。

生姜でお腹を温めることで、腸本来の働きを取り戻してくれるわ。

 

生姜の効果
  • 消化酵素を分泌させて、消化を助ける
  • 血行が良くなり、お腹があたたまる

 

≻≻乳酸菌もとれる女性の味方【乳酸ジンジャー】

 

 

2.冷え性改善・血行促進

 

冷え性にも、生姜は効果抜群よ。

ではまず最初に、冷えはなぜ起こるのかを見ていきましょう。

 

①体内で作られる熱量が少ない

人は、体内でエネルギーを消費する時に熱を発生させるの。

そのエネルギー消費の60~70%を占めているのが基礎代謝なのよ。

だから、基礎代謝が低くなると体内で作られる熱量も減ってしまうわね。

この基礎代謝は、約40%が筋肉で行われているから、筋肉量の少ない女性の方が冷えやすいと言われているの。

 

②血流が悪く、作られた熱が全身に届かない

体内で作られた熱が温められた血液と一緒に全身へ行きわたれば、体はポカポカよね。

でも、ストレスや気温の急激な変化で自律神経が乱れると、全身の血流が悪くなってしまうのよ。

そうなると、温かい血液も行きわたらなくなって、冷え性と言われる状態になってしまうわ。

 

③冷えを溜めこんでしまっている

冷たい水を飲んだり体を冷やす食材を食べると、①や②で冷えてしまった体にますます冷えを溜めこむことになるわ。

特に脂肪は筋肉と違って血管があまり通っていないから、どんどん冷えを溜めこんでしまうのよ。

こうなってくると、「冷えのスパイラル」にはまってしまうことになるわ…。

 

さあ、ここで生姜の登場よ!!

ショウガオールという成分は、脂肪や糖分の燃焼を助ける働きがあるから、体の内側から熱を発生させてあたたまっていくわ。

そして、ショウガオールは血管を拡張させて血行促進してくれる効果があるの。

さらに、生姜成分ジンゲロールは、体の末端や表面の血流を良くしてくれるから、溜め込んだ冷えも撃退してくれるわ。

血行がよくなることで、生理痛の改善、肩こりの改善、毒素排出、アンチエイジング、認知症の予防、薄毛の予防など、さまざまな効果が期待できるわね。

 

生姜の効果
  • 脂肪や糖を燃焼させ、熱を作る
  • 血管を拡張させて、血行を促進させる
  • 体の末端や表面の血流を良くする効果もある

 

【生姜×白菜の効果!】『あったか生姜スープ』のレシピ 冬野菜の王様といえば、白菜。 ちょうど11月~2月に旬をむかえる食材ね。 白菜と生姜は、味も...

 

3.血糖値を安定させる

 

ジンゲロールという成分は、インスリンというホルモンの働きを活発にする効果があるのよ。

このインスリンは、糖尿病を進行させる「血糖」をエネルギーとして消費させる役割があるの。

つまり、ジンゲロールが血糖値を下げる手助けをしてくれるということね。

毎日の食事に生姜を使うことで、血糖値の安定に役立つわ。

 

4.抗酸化作用

 

生姜成分ショウガオールには抗酸化作用があって、活性酸素によって体内の細胞がサビつくのを抑えてくれるのよ。

活性酸素が増えると、肌トラブルや老化、がん、脳梗塞、心疾患、高血圧が増えると言われているからおそろしいわよね。

この生姜による抗酸化作用は、アメリカのがん研究機関によって発表された「デザイナーフーズ」でも明らかにされているのよ。

がんや生活習慣病の予防に最も効果的な6つの食品に、生姜が選ばれているの。

なんだか誇らしいわね。

 

デザイナーフーズ 上位6食品

にんにく
きゃべつ・大豆・天草・しょうが
せり科(にんじん・セロリ・パースニップ)

 

5.脂肪燃焼効果

 

ショウガオールは体内の脂肪や糖質の燃焼を促進させる働きがあるのよ。

その結果、体の内側からあたたまるのね。

この脂肪燃焼効果は、全世界で14個の論文が効果を実証しているそう。(2019年現在)

生姜を食べた30分後にエクササイズをすると、さらに効果的だということよ。

 

生姜がダイエットに効果あり!?【体温アップで基礎代謝を上げよう】 ダイエットの基礎知識 今日は、このサイト『生姜姫とOLちゃん』の監修を務めている食生活指導士のユウ...
『生姜ココアダイエット』でぽっこりお腹を撃退!その効果は!? 冷えやダイエットに効果的と言われている『生姜ココア』をご存じかしら? 特に、飲むだけでウエストが細くなった...

 

6.免疫力アップ

 

ジンゲロールは、体内で免疫機能に働きかけて白血球の数を増やしてくれるの。

また、腸内環境が良くなったり、体温が上がることでも免疫力はますます高まるわ。

免疫力がアップすると、カゼをひきにくくなったりアレルギー症状が出にくくなるし、他のさまざまな病気の予防にもつながるから、これはあなどれない効果よね。

 

【生姜の効果】風邪をひいた時のレシピまとめ!! 風邪をひいた時、生姜湯を飲んで体を温めたりするわよね。 風邪に効くという漢方薬にも、生姜が使われているわ。 どうやら...
【生姜湯のレシピと効果】風邪をひいたら生姜で治す!! 「風邪をひいたら生姜湯を飲むといい」っていうのは、昔からよく知られる民間療法よね。 でも、ちょっと待ってちょうだい。 ...

 

≻≻九州素材のみを使用したジンジャーシロップ【生姜黒蜜】

 

生姜の効果は絶大!? まとめ

 

  • 胃腸を刺激して便秘改善
  • 冷え性改善・血行促進
  • 血糖値を安定させる
  • 抗酸化作用
  • 脂肪燃焼効果
  • 免疫力アップ

 

生姜に期待できる効果、たくさんあったわね…。

さすが、昔から漢方薬や民間療法で使われてきただけのことはあるわ。

 

でも、いくら生姜の効果が素晴らしいからって、食べすぎには要注意よ!

適量を守って毎日の料理に生姜を使うことで、たくさんの恩恵を受けとることができるのよ。

ぜひその事を、心に留めておいてちょうだいね~。

 

≻≻お手軽に生姜パワーを摂りたい方へ