生姜の豆知識

クリスマスにはジンジャークッキー☆海外での生姜の食べ方まとめ

 

OLちゃん
OLちゃん
外国の人も生姜を食べているのかな?
生姜姫
生姜姫
もちろん、”スーパー野菜”の生姜は世界中で食べられているわよ!

 

でも、生姜の利用法はお国によってそれぞれ特徴があるうようね。

今回は、世界の生姜事情を調べてみましょう。

 

ヨーロッパやアメリカは加工して使う

 

欧米では、ジンジャーエールジンジャークッキージンジャーブレッドなどドリンクやお菓子に加工することが多いようね。

特にヨーロッパは、気候の影響で生姜の栽培に向かなかったことが影響しているみたい。

中世ヨーロッパでは、生姜は高級品として扱われていたそうよ。

 

生姜を使ったお菓子の中でも有名なのは、クリスマスシーズンに見かけるジンジャーブレッドマンじゃないかしら?

 

 

ジンジャーブレッドマンは、エリザベス1世が重要な客人に似せて作ったという説と、風邪の予防を広めたヘンリー8世に似せて作ったという説があるようだわ。

きっと中世ヨーロッパの人たちも、生姜の効果を実感していたのね。

世界各国で共通して、「寒い季節には生姜を食べる」というのが面白いわね。

 

中国で欠かせない漢方と生姜

 

中国といえば漢方薬発祥の地。

未病といわれる「病気になる前の症状」をケアしていくという考えで、健康志向の高い人たちには人気よね。

 

この漢方薬の約7割に生姜が使われているんですって。

生の生姜を生姜(しょうきょう)、過熱して乾燥させた生姜を乾姜(かんきょう)といって使い分けているそう。

健胃作用体を温める作用も有名だけど、これほど多くの漢方薬に使われているのは、他の生薬の力を体に巡らせる働きがあるからなのよ。

自分の力だけでなく周りの力も引き出せる、生姜はまさにスーパープレイヤーね!

 



 

世界的ブームの『和食』も人気

 

外国の方も、今や和食が大好き。

生姜料理でいえば、『生姜焼き』などがわかりやすい味で人気だそう。

『ジンジャー・ポーク』などと呼ばれているそうよ。

 

これから増える外国人観光客に「おすすめの和食は?」と聞かれたら、ぜひ生姜焼きをすすめてみましょう。

生姜を使った和食を、もっと世界中の人に食べてもらいたいわ。

 

海外での生姜の食べ方 まとめ

 

世界中でいろいろな食べ方をされている『生姜』。

生姜のいろいろな効能は、世界中の人に認められているようね。

クリスマスには、かわいいジンジャーブレッドマンを作ってみようかしら♪

 

生姜の生産地【国内ランキングと世界ランキング】 生姜の歴史、知ってる? 生姜の原産地は熱帯アジアという説が有力だけど、これも確実だとは言い切れない...

 

ABOUT ME
生姜姫
生姜姫
冷えや疲れに悩む日本のOLを救うため、生姜王国から親善大使としてやってきた。生姜と和食の相性の良さにとりつかれ、レシピ開発にも力を入れている。日本で生姜万博を開催することが夢。