生姜の豆知識

【生姜の正しい保存方法】生姜専門サイトおすすめ

 

「生姜を買ってきても、一度に全て使いきれない。」

「使いかけの生姜が、冷蔵庫の隅で茶色く変色してる。」

……なんてのはよく聞く話よね。

 

生姜姫
生姜姫
生姜は毎日少しずつ使いたい食材だからこそ、その保存方法をしっかり覚えておきましょう

 

①冷暗所で常温保存

 

生姜農家さんは気温15℃・湿度90%の状態で、一年間も生姜を保存するんですって。

生姜はじゃがいもなどと同じ根菜類だから、長期に常温保存できるのも納得よね。

 

生姜プロフェッショナルのあなたは、室内で新聞紙かラップに包んで常温保存するといいわ。

でも、プロの農家さんとは環境が違うから、10~14日程度で使い切るようにしましょう。

7月~9月の気温が高くなる時期には冷蔵庫で保存する方が安心ね。

 

②水に浸けて冷蔵庫で保存

 

簡単でおすすめなのが、瓶やタッパーに生姜にかぶるくらいの水を入れて、冷蔵庫で保存する方法ね。

これなら生姜が乾燥から守られて、良い状態で保存できるわ。

生姜の成分ショウガオールジンゲロールは脂溶性だから、水に溶けだす心配もないわ。

ただし、1~2日毎に水を取り替えて、1週間程度で使い切るようにしましょう。

毎日生姜を使うあなたには、これがおすすめよ。

 

もう少し使う頻度が少ないという人は、濡らした生姜を厚手のキッチンペーパーに包んで野菜室に入れておいてもいいわ。

ポイントは、生姜をあまり乾燥させないことね。

 

③加工して冷凍保存

 

生姜を食生活に取り入れたいけれど、毎日使えるかは正直不安……。

 

そうね、よく言ったわ。それがあなたの本音よね。

だったら生姜を冷凍してしまいなさい。

すりおろすか千切りにして、1回分ずつ小分けにしましょう。

 

【方法1】すりおろした生姜小さじ1杯分と、水小さじ1杯を製氷皿に入れて凍らせる。

【方法2】千切りにした生姜1回分ずつラップに包んで冷凍する。

 

 

この方法でいかがかしら。

料理をするときに、凍ったままフライパンやお鍋に入れてしまえば、あっという間に生姜料理の完成だわ。

 

▽▽すりおろした生姜氷を使って、「生姜湯」や「生姜緑茶」も作れるわよ!

スッキリさっぱり『しょうが緑茶』は食事にもぴったり! 意外と美味しい『しょうが緑茶』 生姜研究家で医学博士の平柳要さんが考案した『しょうが緑茶』...

 

【生姜湯のレシピと効果】風邪をひいたら生姜で治す!! 「風邪をひいたら生姜湯を飲むといい」っていうのは、昔からよく知られる民間療法よね。 でも、ちょっと待ってちょうだい。 ...

 



 

茶色や黒く変色したらどうする?

 

もし生姜が茶色や黒く変色していたら、食べるのはやめましょう。

変色した部分だけ切り取って、黄色い部分が残ったらもちろん使っても大丈夫よ。

 

忘れないで。生姜は野菜よ。

傷んだ部分や柔らかくなった部分は食べないようにしましょうね。

 

『生姜の正しい保存方法』まとめ

 

・常温保存する場合は、15℃以下で

・冷蔵庫で保存する場合は、容器に水を張って生姜を入れる

・冷凍保存数る場合は1回分に分けて冷凍し、1~2ヵ月で使い切る

・変色したり、柔らかくなっている部分は食べないようにする

 

生姜も他の野菜と同じように、鮮度の良いものが置いてあるお店とそうではないお店があるものよね。

それによって保存期間も変わってきてしまうから、使う前に色や硬さをきちんと確かめるようにしましょうね。

 

生姜をストックしておけば、ちょっとした時に使えて本当に便利よね!

ぜひ、ご自分にあった方法を試してみてね。

 

https://shougahime.com/6-shouga-kouka/

 

ABOUT ME
生姜姫
生姜姫
冷えや疲れに悩む日本のOLを救うため、生姜王国から親善大使としてやってきた。生姜と和食の相性の良さにとりつかれ、レシピ開発にも力を入れている。日本で生姜万博を開催することが夢。